2018年2月3日土曜日

日本建築史⑭_まとめ(の続き)

(以前書いたもの(→ https://sato4f-jottings.blogspot.jp/2013/06/blog-post_26.html )の続き)

H24 出題なし
H25 出題なし

H26 
日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 26021 日光東照宮社殿(栃木県)は、本殿と拝殿との間を石の間でつないだ権現造の例である。
 26022 伊勢神宮正殿(三重県)は、平入りで、切妻屋根に堅魚木と千木を持ち、柱を全て掘立て柱とした神明造の例である。
 26023 厳島神社社殿(広島県)は、神体山とする宮島の弥山を祀るために島の海浜に設けられており、本殿は身舎の前後に庇を付けた両流造りの例である。
 26024 出雲大社本殿(島根県)は、正面の片方の柱間を入口とした左右非対称の平入りの形式を持つ大社造りの例である。

H27 
茶室に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 27021 妙喜庵待庵(大山崎町)は、16世紀に造立された、利休好みの二畳の草庵茶室である。
27022 密庵(京都市)は、17世紀に桂の離宮の敷地南端に造立された、茅葺寄棟屋根や深い土庇等の農家風の外観をもつ格式にこだわらない自由な造形の茶室である。
 27023 如庵(犬山市)は、17世紀にもと建仁寺内に造立された、大小五つの窓や躙口の配置が特徴的な茶室である。
 27024 孤篷庵忘筌(京都市)は、17世紀に小堀遠州によって造立された、縁先にわたした中敷居の上の障子とその下の開口が特徴的な書院風茶室である。

H28 
歴史的な建造物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 28031 ハギヤ・ソフィア大聖堂(トルコ)は、バシリカ形式とドーム集中形式とを融合させた平面を持ち、巨大なドーム構造によって内部に広大な空間を作り出したビザンチン様式の建築物である。
28032 コルドバの大モスク(スペイン)は、紅白縞模様の2段アーチを伴って林立する柱による内部空間をもち、現在はキリスト教文化とイスラム教文化が混在している建築物である。
28033 ピサ大聖堂(イタリア)は、世界最大級の石積ドームを持ち、外装はピンクや緑の大理石により幾何学模様で装飾され、クーポラとランターンは初期ルネッサンス様式、ファサードはネオ・ゴシック様式の建築物である。
 28034 ヴォルムス大聖堂(ドイツ)は、東西両端にアプスを対置させた二重内陣と身廊の両側に設けたバシリカ形式で構成され、東西の内陣と交差部とに六つの塔を持ったロマネスク様式の建築物である。

H29 
A〜Dの建築物について、その建造された年代を古いものから新しいものへ並べた順序として、正しいものはどれか。
 A.ローマのテンピエット(イタリア)
B.ル・トロネの修道院(フランス)
C.ローマのパンテオン(イタリア)
D.ロンドンのセント・ポール大聖堂(イギリス)
 29031.B → C → D → A
 29032.B → C → A → D
 29033.C → A → B → D
 29034.C → B → A → D


H24に試験を受けてからの問題は初めて見ましたが、シトー派の修道院とか興味なない人にとっては、なんじゃこりゃぁぁぁ なのかも。フェルナン・プイヨンの『粗い石』とかも知ってる人だけ知っているなんだろうし。かけられる時間と期待できる得点とを考えたら、「試験」で建築史は捨て問にしてしまってもいいのかな、という気はします。
(週20時間)×(半年)=400〜500時間の勉強時間で合格することを考えたら建築史の1点にかけられる時間は3、4時間くらい。とりあえず、過去問だけやっておけば2択、3択には絞れるかもですが、
自分の記憶にないものは解けん真顔
いくら出題者と対話しても(以下略、無断引用m(_ _)m

そりゃそうだ^^;;; 「試験」では、ほとんどの問題が、
○か×かの知っているかどうかだけのことしか聞かれないので、自分に合った方法で必要な準備を済ませれば合格基準点は取れると思います。

2018年1月30日火曜日

細長比が大きいと(続き)

子供(小学生向け)の科学の自由研究にこんなん
学習研究社H.P. より転載
があります。
アイデアいただきで、計算しやすいように厚10mm、幅190mmの鋼板を加工して
というものを考え、
それぞれの断面の諸量を算出してみると、
断面二次モーメント、断面二次半径は最小値となるもの
となりそう。
円筒形の断面二次半径が一番大きくなり(細長比は一番小さくなり)ます。
話を拡張して、同一の断面積(鋼材量が同じ)となるよう板厚を半分(5mm)にし直径126mmの円筒にすると、断面二次半径は4.28cm、
板厚を2mmにして直径304.5mmの円筒にすると、断面二次半径は10.69cm、
板厚を
超合金になる・・・わけない^^;;;
と断面二次半径を大きく(=細長比を小さく)していくと、許容圧縮応力度をどんどん大きくできる、なんていうことはなくて、鋼材の強度以上にはなりません(圧縮座屈は起こさないのかもですが、鋼材の強度を超える圧縮力をかければ圧壊(変形)してしまうということ)。そりゃそうだ^^;;;
この、細長比が小さくなっていき、材料強度まで座屈を起こさないようになるときの細長比が限界細長比、ここを越える(断面二次半径が大きくなる、限界細長比以下になる)と、圧縮座屈をしなくても非弾性変形することになります。
(基準法というか学会の設計規準では安全率を見るので“ズレ”がありますが)
実際の計算では、圧縮材の細長比が限界細長比Λ、
Λ=1500/√(F/1.5)
より大きいか限界細長比以下なのかで許容圧縮応力度を計算することになっていて、
SN400(基準強度235N/mm^2)で計算すると限界細長比は119.8くらい、
SN490(基準強度325N/mm^2で計算すると限界細長比は101.9くらい
になります。
(いろいろ書いておいてなんですが、【24152】とか【27163】の「試験」問題は暗記でも乗り切れます^^;;;)

で、断面二次半径って何なんやん?ですが、
材軸からの離れている度合い(イメージ的には断面の半径、断面二次モーメントから導出するので二次半径みたいな感じか、と。
直感的に、断面二次半径が大きい(断面の部分が材軸から離れている)ほうが座屈しなさそうというのは納得できそうです。

最初の話に戻ると、

外径から9mmの部分の内側に3mmの部分が加わって12mmになるときは、内側に増えた部分は元の外側の部分より座屈しないようにする効果が少ない(圧縮応力度は小さい)だろうな、と。(断面二次半径は小さくなるので細長比が大きくなる)

なので、(出ないとは思いますが)鋼材の断面性能表を無理くり探せば、
なんてことも。
D120(t28)の鋼管よりD110(t12)の鋼管方が(断面二次半径は大きいので)細長比は小さくなり許容圧縮応力度は大きくなりますよ、と。(合格物語の解説風にいえば座屈しにくくなる)見た目は細いけれどな😧

2018年1月20日土曜日

細長比が大きいと

今日のトップリーグ入れ替え戦で27年度のシーズンも終了。
久々にブログを徘徊していると、受験申込までに3巡を目論むshomaさんが
と書かれている記事が。

何気に見ていたのですが、
有効細長比が小さい=座屈しにくい=・
というのは解説通りなんだと思いますが、幅厚比と違って細長比というのはちょっとイメージしにくいのかも。

こんな問題が出るかどうかわかりませんが、

JFEスチール 鋼構造設計便覧 より転載
鋼管の外径が変わらないよう厚みを増すと座屈しやすくなり/しにくくなり、細長比は小さく/大きく?
H形鋼の外法寸法を変えないようフランジ(or ウェブ)を厚くすると座屈し・・・・・?

細長比と言っても見た目(外径)が一緒(似てる)だったりだとどちらが大きいのか、座屈しやすいのかという判断も、えーっと・・・???となりそう。(ワタシだけか^^;;;)
断面二次半径を計算すればいいのですが、そもそも、これ(断面二次半径)ってなにものなのか、ちょっと考えてみます。

うまくいけば、なぜかスルーされている限界細長比と話もつながりそう。
スルーではなく
「二度と出てくんじゃねーよ、このバカちんがー!!!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ」
付箋が付いているということでしたらm(_ _)m。

2017年12月23日土曜日

H29「設計製図の試験」

一昨日、
ん?いつの間にか理事長が変わってる・🤔(どーでもいい💀)
という発表がありました。
添付資料を何気に眺めてみると、いつもと違うところが???


例年、
 ランク1:40%
 ランク2:30%
 ランク3:20%
 ランク4:10%
くらいなのですが、
(参考)
実受験者数とランクの割合から実数を計算してみると、
ランク3の解答案が、受験者が3万人以上いた頃より多くなってます。

何かあったんかな?と思って、添付資料を透かして見てみると^^;)
今年の試験(を受験された方)の特徴が。。。

合格率と一緒に実受験者数も発表されるので、今年の「設計製図の試験」の受験者数を算出すると、
学科の合格者は、4,946人いたのですが、「設計製図の試験」を受けなかった人が153人いたようで(例年150人前後います)「学科の試験」から受験して「設計製図の試験」を受験した人が4,793人、「設計製図の試験」のみ受験した人が4,138人となります。ちなみに、新制度になってからの受検者数はこんな感じ(のはず)。
今年は、学科→製図と受験された方が多かったようです。現場が忙しくて準備期間が足りなかったとかもあったのかもしれません

とはいうものの、
添付資料にはこんなデータ
もあります。例年だと32.5歳くらいの平均年齢が1歳くらい若返っています。
こちらも新制度になってからの推移を見てみると、
合格者の約半数は20代になったのか・・😓
今回、例年より割合が多くなったのは24~26歳の方。年齢別の受験者数はわからないのですが、学科から受けたとすると初受験ということになるので、準備はあまりできなかった気もしますが、若さ(ノリ)でなんとかしたとか(テキトーなことをm(_ _)m)

受けてはないのですが、実際のところは
といった例年通りの試験だったのかなと思います。


【追記】
ことしのT県の合格者数は、184名受験地変更された方含む)だったのですが、学科からの合格者が96名、製図からの合格者が88名。来年も学科から受けた方が合格しやすいのか?なんて過去の巣の上で考えることはしないだろうけれど。。。
また、
この184名の方のうち、〇〇学院生が138名(4人に3人)だったのかもですが、推定受験生数500人のうち通学していた人が375人だったら、
〇〇学院生、375人中138名合格:合格率36.8%
その他受験生、125人中46名合格:合格率36.8%
同じやないかい(♯`∧´)ってこともあるのかも?

2017年9月21日木曜日

ゲス(guess)_03

続きです)
とはいうものの。

プライドオブ課題作成者が、
「連綿とつながってきている設計製図試験の歴史を表す部分でもある」
敷地及び周辺条件のお約束、
地盤は良好であり、杭打ちの必要はない。

「うーん予想されたとおりの課題ってのも芸がないしなぁ」
ということで、
産総研・地質調査総合センターH.P.より転載
地盤は急な(もろく軟らかい地層/風化した岩石)斜面地であり、構造計画の検討を要する。
なんて課題をつくったりはしないような気はします。
せいぜいH12(3.75%、≒2.1°)、大盛りサービスしてH8(16%、≒9.1°)程度?チャリで登るとなると激坂ですが、スキーだったら、ゆるゆるとかたらたらとかいうくらいの斜度か。
何考えとる(企んどる)んや?と思い、過去問を眺めていての思いつき😑

天井の高さを要求されたときは、その要求室を最上階に計画というのがセオリーですが、
敷地条件によっては、セオリー崩しで
なんて事も可能やな😏
ちょっと単純すぎるか(続くかも?)

2017年9月18日月曜日

ゲス(guess)_02

標準解答例は、例年二案公表されますが、習得すべき知識及び技能を有する判定が得られる解答案として作成されているはず。も1っこの方も見てみます。

構成ダイヤグラムは同じですが、断面イメージは、
という感じ。

どちらの案も、与えられた内容及び条件を充たした計画だと思いますが、明確に与えられていない設計条件をどのように充たすかで「空間構成*」に違いがでそうです。

オマケのように記載されている計画の概要には、
と書かれていますが、各部門を適切にゾーニングするために、
 1階と2階に振り分けて計画
 安定した採光の得られる北側と眺望のよい南側&東側とに振り分けて計画
としています。

今回の敷地条件は
渾身の JAEIC潜入レポートには・・😛
斜面地を考慮することが求められるようですが、
世界遺産:チンクエ・テッレ(リオマッジョーレ)
😱
斜面地に建築するので、斜面側は眼前に岩肌が見え景色ががよくないとか・😨

ここまで極端なことはないと思いますが、何らかの制約で宿泊部門は基準階タイプでない方がまとめやすくなる設計条件はアリかも・・本当ですか???

2017年9月17日日曜日

ゲス(guess)_01

今週は、ラグビートップリーグはお休み。台風も近づいている模様です。
課題預言者を目指しているわけではないのですが、今週のJAEIC先入観レポート!
ただの憶測(通称:ゲス)です 😵

今年の採点のポイントも毎度まいどの
採点のポイント予想😤 年度を書き換えてるだけじゃん😶
のハズです。
この採点のポイントで「知識及び技能」を有するのか不足しているのかを判定するのが「設計製図の試験」。今回も聞かれることは同じだと思うので、過去問で聞かれたことに対応できるよう準備しておけば、合格判定に近づくはずです。(過半の受験生と同じように対応しておけば、だと???ということもあるかもですが。オット・・🙇

「試験」が新制度になってから8年分の過去問がありますが、似ている課題だとラクに準備できそう。
コレとかいいかな、と😏

お題はホテルなんやから宿泊室が並ぶような気がしますが、基準階平面図の要求が無い2階建(地階あり)ないんや。何でやねん。。。とかエセ関西弁で考えてみます。

H25:大学のセミナーハウスは、研修部門、宿泊部門、共用・管理部門という部門構成でした。
設計条件(留意事項)は、お約束の

 ・・・部門を適切にゾーニングし、明快な動線計画とするとともに、避難等に配慮する。

です。
構成ダイヤグラム&断面イメージは、
という感じの決め打ちでもいけるのかなと。
要求室は、

 宿泊室A(洋室・4人室) ・6室計画する。
 宿泊室B(和室・12畳)  ・2室計画する。
 宿泊室C(洋室・個室)  ・2室計画し、教員及び講師用とする。
 ・

となっています。コンパクト版資料集成の宿泊施設ー機能構成図にも記載がありますが、利用者の共用・管理部門(エントランスホール)から宿泊部門(宿泊室)への動線は、

あたりまえーというか、フツーはこうです。
となるはずです。(続く)